ブロックエディターで使えるSWELLの専用機能まとめ

WordPress5.0から搭載されたブロックエディター(Gutenberg)で使用できる、SWELLだけのオリジナル機能をご紹介します。

  • 多数のSWELLオリジナルブロックを用意
  • 標準ブロックも機能拡張
  • ツールバーからのテキスト装飾機能も強化

などなど、ブロックエディターの魅力を最大限引き出せるようにかなり使いやすくカスタマイズされています。

細かな工夫とこだわりがたくさん詰まっていますので、是非、このページで何ができるかをざっくり知った上で、その使い心地を体感してください。

目次

ブロックツールバーの拡張機能

ブロックエディターではブロック編集時にツールバーが表示されるのですが、このツールバーの機能をSWELLでは拡張しています。

テキスト装飾機能の強化

WordPressの標準機能として、太字イタリック文字取り消し線 などのテキスト装飾ができるようになっていますが、SWELLではさらに機能を強化しています。

マーカー線を引いたりフォントサイズを調節したり、文字色を変えたり、といった様々なテキスト装飾がツールバーからサクッとできるようになっています。

ツールバーからテキスト装飾を行う様子
ツールバーからテキスト装飾を行う様子

SWELLで使えるテキスト装飾機能については、以下のページで詳しく説明していますので是非ご覧ください!

便利なショートコードの簡単呼び出し機能

テキスト装飾だけでなく、SWELLで使える便利なショートコードを簡単に呼び出すためのツールボタンも用意しています!

ツールバーのショートコード呼び出しボタン
ショートコード呼び出しボタン
  • 記事内容広告
  • スマホだけ改行・PCだけ改行
  • アイコン用ショートコード
  • 評価用スター(
  • ログイン限定コンテンツ

などのショートコードを呼び出すことができます。

独自のブロックコントロール機能

ここまで紹介したのは、テキスト編集時に使えるツールボタンでしたが、その他にも、全ブロックに対して独自のツールボタンを実装しています。

デバイスコントロール
デバイスコントロールボタン

デバイスサイズによってブロックの表示を切り替えることができるボタンです。
スマホサイズでのみ表示」・「PCサイズでのみ表示」を簡単に設定できます。

ブロック下の余白量調節
ブロック下の余白量調節ボタン

ブロック下の余白量を簡単に調節できるボタンです。
標準サイズを含めて5段階で調節することができます。

コアブロックの拡張機能一覧

WordPress本体側で用意してくれている「コアブロック」のいくつか対して、SWELL独自のカスタマイズを加えて使いやすくしています。

段落ブロック・グループブロックでのボックス装飾

段落ブロックとグループブロックにはたくさんのボックスデザインを用意しており、
サイドバーの「スタイル」パネルからポチポチっと選択していくだけで様々なデザイン装飾を施すことができます。

ボックス装飾を選択する様子

リストブロック

リストブロックについても、数種類のスタイルを用意しています。

リストのデザインを選択する様子

表ブロック

表(テーブル)ブロックには、

  • 4種類のデザインパターン
  • 1列目をthタグ風に表示する設定
  • 最低限維持する横幅に関する設定
  • スマホサイズで「縦並び」または「スクロール可能」にして表示する設定

などの独自機能を追加しています。

カラムブロック

カラムブロックには、

  • 3種類の追加スタイル
  • スマホで2列にする設定

などの独自機能を追加しています。

SWELL専用のカスタムブロック一覧

さて、ここからは、SWELLだけのオリジナルブロックについてご紹介します。

ブロック追加ボタンを押すと、インサーターの中に「SWELLブロック」という項目があります。

SWELLブロック

この中にあるブロックは全て、SWELLだけで使えるオリジナルブロックです。

キャプション付きブロック

これのこと!

キャプション付きブロック
  • 上部にキャプションのついたコンテンツを簡単に作成できるブロックです。
  • どんなブロックも配置可能です。
  • デザインパターンは6種類
  • さらに、3種類のカラーセットを登録して使用することができます。
カラーセットの例1

好きなコンテンツをここに表示できます。

カラーセットの例2

好きなコンテンツをここに表示できます。

関連記事ブロック

関連記事へのリンクをブログカードとして表示することができるブロックです。

内部リンクでも外部リンクでも、どちらでもブログカード化できます!

(↑まさにこれが、関連記事ブロックで作成したブログカード です!)

ちなみに、関連記事ブロックを使わなくてもURLをエディターに貼り付けるだけでブログカードになります!
(ただし、その場合は「詳しくはこちら!」という部分のテキストが編集できません)

ふきだしブロック

了のアイコン画像

こういう「ふきだし」が簡単に使用できます!

くまのアイコン画像くま

色を変えたり、向きを変えたりということもエディター上で実際の見た目と同じ状態で簡単に編集できますよ!

SWELLボタンブロック

コアの「ボタンブロック」とは別に、SWELLブロックとしてのボタンブロックも用意しています。

SWELLボタンブロックの特徴
  • デザインパターンは5種類!
  • 3種類のカラーセットを登録できる!
  • 気分が変わればいつでも、全ブロック一括で色を変更できる
  • グラデーションにもできる!
  • テキスト型の広告タグをそのままペーストできる!

FAQブロック

Q&A形式のコンテンツが簡単に設置できるブロックです!

質問1だよ

質問1に対する回答だよ!

質問2だよ

質問2に対する回答だよ!

デザインパターンは?

4種類のブロックスタイルに加え、「Q」と「A」のデザインも変更できるよ!

便利なのですか?

とても便利だよ!

アコーディオンブロック

開閉可能なコンテンツ、いわゆる「アコーディオンメニュー」を簡単に配置できます。

ステップブロック(タイムライン)

作業フロー契約の流れなどをステップ形式で説明するのに便利なブロックです。

いわゆる「タイムライン」ブロックとも呼ばれたりします。

STEP
ステップ1だよ

ステップの説明だよ

STEP
ステップ2だよ

さらにステップの説明だよ

STEP
ステップ3だよ

さらにさらに、ステップの説明だよ

ver. 2.0.0 時点で、デザインパターンは3種類用意しており、細部の設定も可能です。

バナーリンクブロック

画像の上に好きなテキストを配置し、全体をリンクにして設置できるブロックです。
画像編集ができない方でもエディター上で「バナーリンク」が作成できるようにと、作成してみました!

  • 画像
  • リンク先URL
  • 画像高さ
  • メインコピー
  • サブコピー
  • テキストの配置
  • カラーオーバーレイの色
  • 影やブラー効果の追加
  • 画像の丸み

などについて設定できます!

説明リストブロック

説明リスト(HTMLでいうとdlタグ)を簡単に設置することができるブロックです。

項目A

項目Aの説明をここに表示

項目B

項目Bの説明をここに表示

さらに、横並びでも表示可能です。

項目A

項目Aの説明をここに表示

項目B

項目Bの説明をここに表示

ABテストブロック

AブロックとBブロックをランダムで出し分けることができるブロックです。

どんなブロックでも配置でき、広告タグ管理機能と合わせることでクリック率を計測できますのでABテストをする時に非常に便利なブロックとなります!

投稿リストブロック

任意の数だけ投稿を呼び出すことができるブロックです。

  • 呼び出す投稿の数
  • どの順番で表示するか(新着・人気順)
  • カテゴリーやタグ・タクソノミーの指定
  • レイアウトの種類
  • 表示する投稿情報の選択(日付・カテゴリー・著者・抜粋文など…)
  • 投稿IDでの直接指定
  • 除外する投稿の設定

などなど、かなり柔軟に設定できます。

例:テキスト型で3件の投稿を表示

例:リスト型で2件の投稿を表示

フルワイドブロック

コンテンツに背景色や背景画像を設置して、画面幅いっぱいで表示することのできるブロックです。
サイトのトップページや、コーポレートサイトなどで使うと非常に便利です。

上下の余白量を調節したり、背景が単色の場合は境界線を 斜め にしたり なみなみ にしたりもできます。

サイドバーがある時や、「コンテンツの背景を白に保つ」設定がオンの時は、その枠内のサイズに収まります。

広告タグブロック

広告タグ管理機能で登録している広告タグを簡単に呼び出せるブロックです!

ブログパーツブロック

ブログパーツ機能で登録したコンテンツを簡単に呼び出せるブロックです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる