MENU
カテゴリー
【新年度応援セール!】期間限定で 20%OFF!

登録したコンテンツを自由に呼び出せる「ブログパーツ」機能

2019 10/31
登録したコンテンツを自由に呼び出せる「ブログパーツ」機能
記事上のウィジェットエリア

ここでは、WordPressテーマ「SWELL」で使用可能な「ブログパーツ」機能について解説していきます。

SWELLでは「ブログパーツ」として登録したコンテンツを、ショートコードで簡単に呼び出すことができます。

いくつかのページで使い回したいコンテンツなどを何度も入力する手間が省け、ウィジェットなどにも活用できる非常に便利な機能です。

目次前広告表示エリア
目次

ブログパーツの登録方法

管理メニューから「ブログパーツ」から、通常の投稿と同じように作成・編集可能です。呼び出したいコンテンツをエディターで自由に作成してください。

ブログパーツ一覧画面
ブログパーツ一覧画面

エディターからの呼び出し方法

ver1.2.0より、エディターからのブログパーツの呼び出しがより簡単に行えるようになりました。

ブロックエディターでのブログパーツの呼び出し方法

『SWELLブロック』の中から、『ブログパーツ』ブロックを選択してください。

ブログパーツブロックを選択
ブログパーツブロックを選択

この『ブログパーツ』ブロックを選択すると、以下のようなブロックが挿入されます。

ブログパーツブロック
ブログパーツブロック

このセレクトボックス(ドロップダウンメニュー)より、登録済みのブログパーツを選択するだけです!

登録済みのブログパーツを選択
登録済みのブログパーツを選択

クラシックエディターでのブログパーツの呼び出し方法

旧エディターでも、ブログパーツの呼び出しが簡単になりました。

ツールバーの『特殊パーツ』>『ブログパーツ』から、登録済みのブログパーツが簡単に選べるようになっています。

ブログパーツを選択
ブログパーツを選択

ブログパーツをショートコードで呼び出す方法

ショートコード名は[blog_parts]または[ブログパーツ]です。

IDまたはブログパーツのタイトルのどちらからでも呼び出せます。

[blog_parts id="投稿ID"]        //IDから呼び出す場合
[blog_parts name="ブログパーツ名"] //パーツ名から呼び出す場合
[ブログパーツ id="投稿ID"]        //IDから呼び出す場合
[ブログパーツ name="ブログパーツ名"] //パーツ名から呼び出す場合

ウィジェットで使うと便利

デザイン機能を全てショートコードで使用しなくてはいけないテーマを使ったことがある人は、ウィジェット内のショートコードの入力がかなり見づらい、という経験をしたことがあるかと思います。

しかし、SWELLでは、ブログパーツを活用することで、ストレスなくウィジェットアイテムが作成できます。

例えば、当サイトでのフッター直前に表示している3カラムのバナーは、ブログパーツで呼び出しています。

フッター直前ウィジェット

これを表示するためにウィジェットに入力しているのは、次の通り、たったの一文です。

フッターウィジェットの入力内容

ブログパーツの編集画面の方は次のようになっており、ウィジェットに表示したいアイテムでも 実際の見た目を確認しながら編集ができます。

ブログパーツの様子

ぜひご活用ください。

記事下のウィジェットエリア

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる