【今だけ半額】5/31まで 50% OFFセール中!

WordPressテーマ「SWELL」の特徴

このページでは、ブログ向けWordPressテーマ『SWELL』の特徴についてご紹介していきます。

目次前広告表示エリア
目次

2019年3月リリースの最新WordPressテーマ

WordPressテーマ『SWELL』は、2019年3月にリリースされたばかり!

そのため、WordPress5から搭載された最新エディター『Gutenberg』に完全対応しております。

最新エディターの機能を最大限に引き出した執筆サポート機能により、爆速で記事を執筆していくことが可能となっています。

でも発売されたばかりってことは、利用者がまだ少ないってことだよね?
分からないことはサポートしていただけるのですか?

という疑問が当然生まれることかと思います。

もちろん、ご質問いただければ開発者自らサポートさせていただきますのでご安心ください。

Twitterなどでご質問いただいてもいいですし、購入者専用の質問ページも用意させていただいておりますので、そちらからでもお気軽にお問い合わせください。

了

ちなみに、『SWELLに関する情報がまだ少ない』ということは、今のうちに自分で発信してしまえばその記事にアクセスが集中してくるということでもあります!

さらに進化し続けるテーマ

SWELLは、まだ生まれたばかりです。
これからアップデートを重ねていき、さらに磨き上げていきます。

SWELLをご購入いただいたユーザー様は、「ご要望BOX」というページにアクセスできるようになり、SWELLに関するご要望を投稿していただけるようになっています。

全ての声を反映させることはできませんが、できる限りご要望を取り入れながらアップデートをしていく予定です。

バージョンの更新はもちろん無料です

どれだけSWELLの機能がアップデートされていっても、一度ご購入頂ければその後は無料で最新状態のSWELLに更新していただくことが可能です。

SWELLの販売価格はこれからの機能追加に伴って値上がりしていきますので、価格の安い段階でご購入しておくことをオススメさせていただきます。

ブロックエディター(Gutenberg)に完全対応!

SWELLでは、WordPress5から導入された最新のブロックエディター『Gutenberg』に完全対応しています。

でも、ブロックエディターは使いづらいってよく言われてますよね?

それは、ブロックエディターを使いこなせるテーマが無かったからです。

了

百聞は一見にしかず。
SWELLでブロックエディターを使用している様子を動画にしましてみました!

SWELLでブロックエディターを使用している動画

いかがでしょうか?

多くのテーマでは、グレーボックスやアイコン付きボックスなど、デザイン装飾を施すのにはショートコードというものを使用しなくてはなりませんでした。

しかし、SWELLのブロックエディターを使えば、好きな見た目のボックスをクリックしていくだけで文章を見やすくデザインしていくことが可能です。

サクサク記事が書ける → 時間コスト削減 → ブログが継続しやすい!

了

ブロガーにとっての一番大きな壁、「継続できるかどうか」という試練をできるだけ乗り越えていただけるように、かなり時間をかけて開発しました。

もちろん、旧版のクラシックエディターでもできるだけクリックのみでデザインが可能になるように開発しています!

クラシックエディターの様子

ブロック装飾

プログラミング知識不要!デザインのカスタマイズも超簡単

SWELLでのデザインカスタマイズは、ほぼ全て「テーマカスタマイザー」から設定できるようにしています。

了

テーマカスタマイザーとは、プレビューを確認しながらマウス操作で簡単にデザインをカスタマイズできる機能のことです。

動画:カスタマイザーを使用している様子

充実したトップページのデザイン機能

メインビジュアル

画像1枚をフルスクリーン表示にしてメッセージやリンクボタンを添えることや、複数画像を使用してスライダーを設置することが可能です。

合わせて読みたい
メインビジュアルの設定方法
メインビジュアルの設定方法 このページではSWELLの「メインビジュアル」機能についての設定方法を解説していきます。 「メインビジュアル」と ...

今後のアップデートによって動画も設置できるようにしようと思っています。

ピックアップ記事スライダー

お好きなタグを指定して記事をピックアップし、トップページに記事スライダーを設置することができます。

合わせて読みたい
記事スライダーの設定方法
記事スライダーの設定方法 このページではSWELLの「記事スライダー」機能についての設定方法を解説していきます。 記事スライダーとは、当サ ...

記事一覧のタブ分け機能

トップページに表示されている記事の一覧エリアを、「新着順/人気順/任意のカテゴリー」によってタブ切り替えが可能です。

合わせて読みたい
記事一覧の「新着順/人気順/カテゴリ」によるタブ切り替え機能
記事一覧の「新着順/人気順/カテゴリ」によるタブ切り替え機能 SWELLでは、トップページには標準で「新着記事一覧」が表示されますが、「新着順」の他、「人気順」や「特定のカテゴリの ...

厳選されたショートコード

SWELLでは、記事内に使用できるデザイン機能のほとんどは、ショートコード不要でエディターから簡単に使用できるように作り込まれています。

ショートコードを使用する必要のある機能も、簡単にエディターから呼び出せるようにしています。

そのため、目が眩むようなたくさんのショートコードについて覚えておく必要は全くありません。

覚えておくべきショートコードは少数で収まるように厳選した上で、実装しています。

SWELLで使用できるショートコードについては。以下のページで詳しくまとめていますので、是非ご一読ください。

合わせて読みたい
SWELLで使えるショートコード一覧
SWELLで使えるショートコード一覧 このページでは、SWELLで使用できるショートコードについてまとめています。 ブログパーツ SWELLでは ...

豊富で使いやすいウィジェットエリア

本当に必要なウィジェットエリアはどこなのか、熟考されたベストな配置で実装されています。

ウィジェットエリア一覧
ウィジェットエリア一覧

独自ウィジェットパーツも実装しています

SEO対策ついて

こだわり抜いたHTML構造

SWELLでは、HTMLの構造にかなりこだわりました。

人から見て綺麗なだけでなく、機械が見てもわかりやすい構造でページを構成しています。

SWELL初期状態での Html Checkerのエラーなしを検証済みです。

  • ただし、WordPressの他の機能やプラグイン、ウィジェットの使用などによってHTMLエラーが発生する場合はございます。
  • 例:Youtube埋め込みでiframeの不要属性が追加されるなど。

徹底した画像の遅延読み込み

サイトの表示時には画像を読み込まずにページを表示し、ページが表示されたあとやスクロールに合わせて画像を読み込むような処理を細部まで徹底的に加えています。

投稿ページは独自の遅延読み込みを使用

よくあるの遅延読み込みの方法だと、目次をクリックした時のスクロール位置がずれてしまいますが、そのような現象が起きないように、投稿ぺージでは独自の方法で画像を遅延読み込みさせています

JSON-LDによる構造化マークアップ機能

SWELLでは、検索結果のリッチスニペット表示に必要な構造化データのマークアップも対応済みです。

マークアップ方式はGoogle推奨の「JSON-LD」を採用しています。

メタタグの出力は”あえて”プラグインに任せる!

SWELLでは、ページの情報を出力するメタタグの出力設定機能が備わっておりません。(descriptionタグやogpなどのことです)

しかし、安心してください。
SWELL開発者が制作したシンプルなSEOプラグイン、「SEO SIMPLE PACK」をご用意しております。

SEO SIMPLE PACK
SEO SIMPLE PACK

使い方の記事はこちらです

なぜSWELLに実装しないのか?

サイトにとって最も重要となるSEOの設定テーマの乗り換えによって影響されてはならないからです。

また、人それぞれに使い慣れたSEOプラグインがあるでしょうし、テーマ内にSEO機能をつける必要性もほとんどないと思ったからです。使用されない機能があっても速度低下に繋がるだけとなってしまいます。

複数サイトで使用可能

SWELLは、一度ご購入いただければサイトごとのライセンス制限などはございません。

複数のブログなどで自由にお使いいただけます。

ただし、ご購入者ご自身様が所有・運営するサイトに限ります。

ページトップへ