「表ブロック」で使えるSWELLのオリジナル機能

2020 4/03
「表ブロック」で使えるSWELLのオリジナル機能
記事上のウィジェットエリア

ここでは、テーブルタグを簡単に出力できる「表ブロック」に関するSWELLのオリジナル機能について解説していきます。

目次前広告表示エリア
目次

表ブロックのスタイル一覧

SWELLの表ブロックでは、4種類のスタイルを選ぶことができるようになっています。

SWELLで使える表ブロックのスタイル一覧
表ブロックのスタイル一覧
TABLEBLOCK
CELL – 01ABCDEFG
CELL – 02HIJKLMN
CELL – 03OPQLSTUVWXYZ
デフォルトスタイル
TABLEBLOCK
CELL – 01ABCDEFG
CELL – 02HIJKLMN
CELL – 03OPQLSTUVWXYZ
ストライプ
TABLEBLOCK
CELL – 01ABCDEFG
CELL – 02HIJKLMN
CELL – 03OPQLSTUVWXYZ
シンプル
TABLEBLOCK
CELL – 01ABCDEFG
CELL – 02HIJKLMN
CELL – 03OPQLSTUVWXYZ
2重線

表ブロックに追加されている設定項目

さらに、サイドバーには以下のような設定項目が用意されています。

テーブルの設定
テーブルの設定
「1列目のtdをth風に」

ブロックエディターの標準機能では今のところ、tdタグをthタグに変換することができません。

そこで、SWELLでは見た目だけthタグ風にできる設定を追加しています。

「各列で最低限維持する幅」

表ブロックは、1つの列の内容がとても長い時、その他の列の横幅が極端に狭くなってしまいます。

表のテキストがとても長い時の様子
表のテキストがとても長い時の様子

この現象を防ぐため設定で、どの程度の横幅を最低限維持するか3段階で選ぶことができます。

「スマホで見た時のレイアウト」

スマホサイズで表示される時に表を組み替えて「縦並びに表示する」か「PCサイズと同じ横幅を維持したままスクロールできるようにして表示する」かを選択できるようにしました。

テーブル設定を活用する様子

スマホの表示設定を活用する様子

記事下のウィジェットエリア

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる