【SWELL – ver. 1.2.1 アップデート情報】

記事上のウィジェットエリア
ver. 1.2.0 アップデート内容
  1. サイトのフォント設定を追加
  2. ショートコード[ad]で広告呼び出し機能追加
  3. ads.txtファイルの編集機能追加
  4. 装飾パターン追加
  5. 投稿日・更新日の表示設定を追加
  6. jQueryの読み込み位置をwp_footerへ移動(設定で変更可能)
  7. 標準設定では絵文字関連ファイルを読み込まないように変更
  8. その他バグ修正
    1. 記事スライダーでカテゴリーアイコンが表示されていなかった不具合を修正
    2. 目次前にリンク広告ユニットを表示した時に両端が途切れるバグを修正

以下、詳細です。

目次前広告表示エリア
目次

サイトのフォントが変更可能になりました

フォントの設定エリア
フォントの設定エリア

詳しくは以下のページをご覧ください。

あわせて読みたい
サイト全体のベースとなるフォントの設定方法【font-family設定】
サイト全体のベースとなるフォントの設定方法【font-family設定】このページでは、WordPressテーマ「SWELL」でのフォントの設定方法について解説していきます。(ver1.2.1から設定可能になりました)「外観」>「カスタマイズ」から...

ショートコード[ad]で広告呼び出し機能追加

ショートコード[ad]を使用することで、登録した広告コードを簡単に呼び出すことができるようになりました。

詳しくは以下のページをご覧ください。

あわせて読みたい
記事内用の広告を[ad]で簡単に呼び出せるようにする方法
記事内用の広告を[ad]で簡単に呼び出せるようにする方法SWELL ver1.2.1より、特定の広告コードを、ショートコード[ad]で簡単に呼び出せるようになりました。このページでは、その[ad]ショートコードの使い方について解説して...

ads.txtファイルの編集機能追加

Google Adsenseでads.txtファイルがないと警告が出てしまう場合に手軽にads.txtファイルを編集できる機能を追加しました。

詳しくは以下のページをご覧ください。

あわせて読みたい
SWELLで「ads.txtファイル」を編集する方法【Google AdSense対策】
SWELLで「ads.txtファイル」を編集する方法【Google AdSense対策】「ads.txtファイル」を正常に設定していないと、Google AdSenseで次のような警告文が出てきます。要注意 - ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に...

新たな装飾パターンを追加

段落ブロックに指定できる装飾パターン「左に縦線」と「吹き出し2」を追加しました。

デザイン新パターン
デザイン新パターン
プレビュー

左に縦線

吹き出し2

投稿リストの公開日・更新日の表示が設定できるようになりました。

これまで、投稿リストには公開日が表示される設定でしたが、

  • 公開日の表示・非表示の切り替えが可能になりました。
  • また、更新日も表示可能になりました。

「外観」>「カスタマイズ」>「投稿リスト設定」の中の以下のエリアで設定可能です。

公開日・更新日の表示設定
公開日・更新日の表示設定

jQueryの読み込み位置をwp_footerへ移動しました

「外観」>「カスタマイズ」>「高度な設定」の中に、以下のような設定欄を追加しました。

jQueryファイルの読み込み設定
jQueryファイルの読み込み設定
  • jQueryをwp_footerで読み込むようにする設定
  • jquery-migrateファイルを読み込まないようにする設定

の2つです。
高速化のため、標準ではどちらも「オン」になっています。

ただし、使用しているプラグインによってはこの設定に関わらずjQueryファイルがhead内で読み込まれることがあります。
また、古いプラグインを使用している場合、不具合が発生するかもしれませんので、その場合は2つとも「オフ」にしてください。

標準状態で「絵文字用のスクリプトを読み込まない」設定をオンに変更しました

高速化のため、「絵文字用のスクリプトを読み込まない」という設定を可能にしていたのですが、標準でこの設定をオンになるように変更しました。

すでにSWELLを使用中の方で絵文字を利用している方は、アップデート後にこちらのチェックを外すようにしてください。お手数おかけして申し訳ございません。

記事下のウィジェットエリア

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
目次