【SWELL – ver. 1.1.9 アップデート情報】インフィード広告が簡単に使用できるようになりました

記事上のウィジェットエリア
ver. 1.1.9 アップデート内容
  1. カスタマイザーに『アドセンス広告設定』というメニュー項目を追加し、広告関係の設定を一箇所にまとめました。
  2. インフィード広告に関する設定を追加
  3. アドセンス自動広告専用の設定項目を新たに追加し、記事ごとに非表示にできるようになりました。
  4. TOPページの投稿リストから特定のカテゴリー・タグを除外できるようになりました。
  5. 投稿リストの抜粋文にて、<br><i>を使用できるようになりました。(記事の『抜粋』を設定している場合の表示)
  6. その他、PHPコードの整理・CSSの調整

header.php、home.phpなど、重要なテンプレートファイルに変更がありますので、ご自身でテーマファイルをカスタマイズしている方はご注意ください。

【1.1.9.1マイナーアップデート】
インフィード広告機能のバグ修正(配置ずれの修正)

【1.1.9.2マイナーアップデート】
・スマホ2カラムの場合、幅が250px以下となりインフィード広告が表示されないため、100%幅で広告が表示されるように修正しました。
・PC3カラムの場合も、ウインドウサイズが小さい場合に同様の現象が発生するため、横幅1320px以上でのみ3カラムになるように修正いたしました。
・カテゴリーページの構造化データの修正を行いました。

目次前広告表示エリア
目次

カスタマイザーに『アドセンス広告設定』を追加

カスタマイザーにて、広告用の設定項目をまとめた『アドセンス広告設定』を追加しました。

画像
アドセンス広告設定

現時点では、以下の設定が『アドセンス広告設定』内で可能です。

  • 自動広告
  • 目次前広告
  • インフィード広告

インフィード広告に関する設定を追加

「外観」>「カスタマイズ」>「アドセンス広告設定」にて、インフィード広告に関する設定項目を追加しています。

画像
インフィード広告の設定
設定項目
  1. 表示するインフィード広告タグの設定(PC・タブレット用)
  2. 表示するインフィード広告タグの設定(スマホ用)
  3. 投稿何件ごとにインフィード広告を挿入するかの設定

自動広告コード専用の設定欄を追加

「外観」>「カスタマイズ」>「アドセンス広告設定」にて、アドセンスの自動広告に関する設定項目を追加しています。

画像
自動広告コードの設定

ページによって自動広告タグを出力させないこともできます

投稿・固定ページ内の『SWELL設定』内に、『自動広告を使用しない』というチェックボックスを追加しています。

画像
自動広告を非表示にするチェックボックス

自動広告を表示させたくないページでは、こちらをチェックをしてください。

TOPページの投稿リストから特定のカテゴリー・タグを除外する

「外観」>「カスタマイズ」> [TOP]その他の設定の中に、以下のような設定項目を追加しています。

画像
カテゴリー・タグの除外設定

ここで指定されたカテゴリー

  • トップページの新着記事リスト
  • [SWELL]新着記事 ウィジェット

から除外されます。 

ここで指定されたタグは、

  • トップページの新着記事リストを含む、全タブ内の投稿リスト
  • [SWELL]新着記事 ウィジェット
  • [SWELL]人気記事 ウィジェット
  • 記事スライダー

から除外されます。

投稿リストに表示される抜粋文にbrタグ・iタグが使用できるようになりました。

投稿リストの抜粋文は、デフォルトでは本文の内容から自動でトリミングされますが、各ページ『抜粋』という項目が入力されている場合はそちらが優先されます。

この『抜粋』にて使用されたHTMLタグはすべて除去するようにしていましたが、<br><i>のみ、使用可能に変更いたしました。

これにより、以下のような表現が可能になります。

画像
抜粋文の表示例

詳しくは以下のページをご覧ください。

あわせて読みたい
投稿リストに表示される『抜粋文』に好きな文章を設定する方法
投稿リストに表示される『抜粋文』に好きな文章を設定する方法ここでは、WordPressテーマ「SWELL」で投稿リストに表示される抜粋文を設定する方法を解説しますSWELLの投稿リストに表示される抜粋文は、デフォルトの状態では本文の内...
記事下のウィジェットエリア

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
目次