投稿リストにインフィード広告を表示する方法【Google AdSense】

投稿リストにインフィード広告を表示する方法【Google AdSense】
記事上のウィジェットエリア

ここでは、WordPressテーマ「SWELL」でグーグルアドセンスの『インフィード広告』を使用する方法を解説していきます。

画像
インフィード広告の表示例
目次前広告表示エリア
目次

アドセンス広告設定からインフィード広告用コードを入力する

インフィード広告の設定は、テーマカスタマイザーから設定できます。

まずは「外観」>「カスタマイズ」>「アドセンス広告設定」へと進みます。

画像
カスタマイザーメニュー【アドセンス広告設定】

この中に、以下のようなインフィード広告に関する設定欄があります。

画像
インフィード広告の設定

設定できるのは、以下の3項目です。

  1. 表示するインフィード広告タグの設定(PC・タブレット用)
  2. 表示するインフィード広告タグの設定(スマホ用)
  3. 投稿何件ごとにインフィード広告を挿入するかの設定

※ PC・SP用の両方のテキストエリアにインフィード広告用のコードを設定してください。
例えばPC用のテキストエリアにしかコードを設定しない場合、スマホではインフィード広告が表示されません。

投稿の表示件数+インフィード広告の数がリストに表示されます

例えば、投稿リストの投稿表示件数を12に設定していて、インフィード広告の表示間隔が4の場合、

12 + 2 の 14件 が投稿リストに表示されるようになります。

※ 最後の投稿の後ろには広告は表示されません

スマホの投稿リストが2カラムの場合

横幅250px以上の場所にはアドセンス広告は表示できない仕様のため、スマホで投稿リストのデザインをカードタイプの2カラムに設定している場合は、インフィード広告は横幅100%で表示されます。

そのため、インフィード広告を表示する間隔は偶数に設定するように注意してください。

記事下のウィジェットエリア

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
目次