headタグ内にコードを出力する方法

記事上のウィジェットエリア

SWELLのheadタグ内に任意のコードを出力する方法を説明していきます。

広告やアクセス解析用のコードを挿入したり、Font Awesomeなどの外部ファイルを読み込みたい時に活用してください。

目次
目次前広告表示エリア

カスタマイザーの起動

SWELLでは基本的にテーマカスタマイザーから全ての設定を行うことができます。

カスタマイザーの起動方法については以下の記事を参考にして下さい。

以下では、カスタマイザー上での操作について説明していきます。

headタグに出力したいコードは、カスタマイザー内の「高度な設定」から入力できます。

高度な設定

headタグに出力したい任意のコードを入力する

高度な設定」メニューを開くと、以下のようなテキストエリアがあります。

headタグ内に出力するコード

ここに任意のタグを入力して、設定を保存するだけでOKです。

入力した内容へのサニタイズ処理は一切行われませんので、注意してコードを記述してください。

例:Font Awesomeを読み込む

先ほどのテキストエリアに、以下のコードを入力します。

<link rel="stylesheet" href="https://use.fontawesome.com/releases/v5.8.1/css/all.css">
こんな感じ
FontAwesomeの読み込み

body閉じタグの直前にもコードを出力できます

body閉じタグ直前にコードを出力することも可能ですので、ぜひ以下の記事もご覧ください。

記事下のウィジェットエリア

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる