【SWELL – ver. 2.2.1 アップデート情報】

記事上のウィジェットエリア
主なアップデート内容
  1. ブログパーツ機能の拡張
    • 用途」カテゴリーを追加。
    • ブロックパターンとして登録が可能に。
    • カテゴリー専用のCTAとして登録可能に
  2. 「SWELLが用意しているブロックパターン」を非表示にする設定を追加
  3. その他、不具合修正や細かな調整など。
    • SWELL側で追加しているカスタムフィールドエリアにアイコンを表示。
    • 画像ブロックのキャプションをリンク化すると改行されてしまう不具合を修正。
    • カラムブロックで段落ブロックを「吹き出し」スタイルにするとエディター側の表示が崩れてしまう不具合を修正。
    • タイトルの位置が「コンテンツ上」でコンテンツの最初にビッグアイコンスタイルを使用すると、アイコンの上部が少し途切れる不具合を修正。
    • 英語対応を進めています。

追加アップデート 2.2.1.1

  • 記事スライダーが大きく表示されるようになってしまった不具合を修正しました。

追加アップデート 2.2.1.2

  • ブログパーツブロックの調整

追加アップデート 2.2.1.3

  • トップページの「コンテンツ上の余白量」設定の不具合を修正

アップデート後に表示が変になってしまった場合は、SWELLのキャッシュクリアもお試しください。

目次
目次前広告表示エリア

ブログパーツの機能を拡張しました。

用途」というブログパーツ専用のカテゴリーを追加しました。

ブログパーツの編集画面で、右側のサイドバーから設定できるようになっています。

ブロックパターンとして呼び出せるようになりました。

ブログパーツの用途を「ブロックパターン」に指定していただくことで、投稿画面からブロックパターンとして簡単に呼び出すことができるようになります。

ブログパーツを「ブロックパターン」として呼び出す様子

カテゴリー・タグ用のブログパーツをセレクトボックスから選択できるようになりました。

以下のように「— ブログパーツを選択する —」と表示されたセレクトボックスが新しく配置されています

新しい設定エリア

このセレクトボックスには、

  • カテゴリー編集ページでは「用途」「カテゴリー用」に設定されているブログパーツ
  • タグ編集ページでは「用途」「タグ用」に設定されているブログパーツ

がセットされています。

セレクトボックスの中身

これまで通り、ブログパーツのIDをそのまま入力して設定することも可能です。

カテゴリー専用のCTAとして登録できるようになりました。

カテゴリー編集ページにのみ、以下のような設定エリアが追加されています。

CTA設定エリア

ここから、「そのカテゴリー専用のCTA」として呼び出したいブログパーツを設定することができるようになっています。

このセレクトボックスには、「用途」が「CTA」に設定されているブログパーツがセットされています。

ここで設定したブログパーツは、カテゴリーページ自体に呼び出すのではなく、
そのカテゴリーを持つ記事のCTAエリア」に表示されます。(本来「CTAウィジェット」が表示されるエリアです。)

「CTAウィジェット 」に配置しているコンテンツよりも優先的に表示されます。

ブログパーツのIDをそのまま入力して設定することも可能です。

ブロフパーツで呼び出せるパーツについて

これまでは「ブログパーツ」ブロックを使用すると、全てのブログパーツの中から好きなものを選択して呼び出すことができていましたが、バージョン2.2.1からは、「用途」が設定されていないブログパーツのみ呼び出し可能になります。

CTA用のパーツなどを記事の中で呼び出すことはないと思うので、
それらの特殊な用途があるパーツは除外していた方が普通に使い回す用のブログパーツが探しやすいかなと…。
(「全部選択できた方がいいよ!」という人が多ければ、考え直しますのでご意見いただければと思います!)

ブログパーツ一覧ページでは「用途」での絞り込みもできます

「SWELLが用意しているブロックパターン」を非表示にすることが可能に。

SWELL設定」の「機能停止」タブに、以下のような設定を追加しています!

記事下のウィジェットエリア

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる