SWELLの「LP機能」の使い方

SWELLの「LP機能」の使い方
記事上のウィジェットエリア

このページでは、SWELL ver. 1.3.2 から追加された「LP機能」の使い方を解説していきます。

管理画面の左メニューに、「LP」という項目があります。

LP一覧画面
LP一覧画面

基本的には普通の「投稿」や「固定ページ」と同じような扱いになりますので、新規追加の方法やエディター上でのコンテンツ編集の方法は同じです。

ここからは、「LP」専用の機能について説明していきます。

目次前広告表示エリア
目次

「LP」の各ページごとに設定できる項目について

エディターの右側のサイドバー、「文書」タブにて以下のような設定項目を設置しています。

LP専用の設定項目
LP専用の設定項目
  • コンテンツの最大幅
  • コンテンツ部分を線や影で囲むかどうか
  • アイキャッチ画像は表示するかどうか
  • LPのタイトルは表示するかどうか
  • SWELL側で記事コンテンツにスタイル(CSS)を当てるかどうか

について、各LPごとに設定できます。

LPの設定項目説明画像
LPの設定項目説明

子テーマに配置したHTML / PHP ファイルを読み込めます

子テーマ直下にlpというディレクトリを作成し、そこにLPのスラッグ名を用いた.htmlファイルもしくは.phpファイルを配置しておくと、そのファイルを読み込むようにしています。

スラッグ名とは、「パーマリンク」パネルから確認できる「URL スラッグ」のことです。

URLスラッグの確認
URLスラッグの確認

この画像の場合、「lp-test」がスラッグ名なので、

swell_child/lp/lp-test.html

というようなファイルを作成することで、自分で自由にコーディングしたHTMLを表示することができます!

この機能を用いる場合は、以下のようにHTMLタグから全てご自身でコーディングしてください。

<!DOCTYPE html>
<html>
  ~
</html>
記事下のウィジェットエリア

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
目次