SWELLで使用できる「パーツの後読み込み機能」について

記事上のウィジェットエリア

このページでは、WordPressテーマ『SWELL』で使用できる「パーツの後読み込み機能」について解説していきます。

フッターなど、「ページの初回表示時には見えないエリア」をページの読み込み完了後に後から挿入することができる機能です。

目次
目次前広告表示エリア

パーツの後読み込み機能のオン・オフの切り替え方法

管理画面内の「SWELL設定」>「高速化」タブの中から設定できます。

高速化の設定

利用したい人のみ、設定を有効化してください。

遅延読み込み可能なパーツ

現状では、以下のパーツをページ表示後に読み込むことができます。

  1. フッター(フッター直前ウィジェットを含む)
  2. 投稿ページの記事本文より下側にあるエリア
  3. 投稿ないの画像や動画など

注意点

遅延読み込みされるパーツ内に含まれるウィジェットでは、ページ分岐処理は無効となります。

例えば、フッターに設置している人気記事ウィジェットを「トップページで非表示」に設定していたとしても、この機能を使っている場合はトップページでも表示されてしまうので注意してください。

記事下のウィジェットエリア

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる