画面に固定表示される「追尾サイドバー」の使い方

画面に固定表示される「追尾サイドバー」の使い方
記事上のウィジェットエリア

SWELL ver 1.2.2にて、「追尾サイドバー」機能が実装されました。

このページでは、その「追尾サイドバー」機能の使い方について解説していきます。

目次前広告表示エリア
目次

追尾サイドバーとは

ちなみに、「追尾サイドバー」とは以下のようにスクロールしても画面に固定表示されるサイドバーのことです。

追尾サイドバーのデモ
追尾サイドバーのデモ

追尾サイドバーの表示方法

専用のウィジェットエリアにウィジェットアイテムを配置するだけで使用できます。

管理メニューから、「外観」>「ウィジェット」へと進み、以下のような画面で「追尾サイドバー」とかかれたエリアに、左側のウィジェットアイテムをドラッグ&ドロップすると、そのアイテムがスクロールしても画面に固定表示されるようになります。

追尾サイドバー用ウィジェットエリア
追尾サイドバー用ウィジェットエリア

「追尾サイドバーウィジェット」は、PC幅の時のみ表示されます。

例えば、先程のGif動画のように「目次」と「人気記事」を追尾サイドバーに表示させるのであれば、以下のような状態になっていればOKです。

追尾サイドバー例
追尾サイドバー例

追尾サイドバー内のウィジェットアイテムの高さの上限について

追尾サイドバーに、ウィジェットアイテムが2つ以上設置されている場合、それらの上限幅は画面の高さの約50%になります。

また、人気記事ウィジェット・新着記事ウィジェット・目次ウィジェットのみ、その高さを超える場合にはその高さ内でスクロールが可能になります。

了

原則的にはこれら3つを表示するための追尾サイドバーだと考えて下さい。

その他のアイテムの高さが最大値を超える場合、うまく表示されない可能性がございます。

記事下のウィジェットエリア

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
目次