カスタムタクソノミーにカテゴリー・タグと同じSWELLの設定を設置する方法

記事上のウィジェットエリア

SWELLでは、カテゴリー・タグページごとに様々な設定ができるようになっています。

このページでは、これらの設定項目をカスタムタクソノミーカスタム分類)の編集ページにも追加する方法を紹介します。

この記事の内容は、SWELLユーザーさんのつぶさんがSlackコミュニティで共有してくださったコードを流用する形で紹介しています。
つぶさん、ありがとうございます…!

目次
目次前広告表示エリア

子テーマのfunctions.phpなどにコードを追加する

子テーマのfunctions.phpや、カスタマイズ用に追加したプラグインファイルにて、以下のコードを追加してください。

add_action( 'xxxxx_add_form_fields', 'LOOS_add_term_fields' ); //新規追加画面用
add_action( 'xxxxx_edit_form_fields', 'LOOS_add_term_edit_fields' ); //編集画面用

ただし、xxxxxと書いている部分は、設定を追加したい対象となるタクソノミーの「スラッグ」を入力してください。

もしかしたら、LOOS_add_term_fieldsという関数名がSWELLの大型アップデートの時に変わってしまうかもしれませんので、頭の片隅で覚えておいてください…!

スラッグ」とは、日本語表記のタクソノミー名ではなく、半角文字で設定した文字列です。

例えば、カスタムタクソノミーの追加ができるド定番プラグインである「Custom Post Type UI」を使っている場合、以下の部分で設定した文字列がタクソノミーの「スラッグ」です。

SEO SIMPLE PACKの設定も追加する

SEO SIMPLE PACKのタームアーカイブ用の設定もカスタムタクソノミーには表示されないので、こちらも追加するコードを紹介しておきます。

以下の設定項目をカスタムタクソノミーにも表示できるようになります。

タクソノミー用の管理画面に”SEO SIMPLE PACKの設定”を追加するコード

add_action( 'xxxxx_edit_form_fields', [ 'SSP_MetaBox', 'ssp_add_term_edit_fields' ], 20 );

こちらも先ほどと同様に、xxxxxの部分はタクソノミースラッグになります。

ちょっとこれは、カスタムタクソノミーに自動で設定項目が配置されるようにプラグインをアップデートするかもしれないです。その時は追加したコードを消してください…!

記事下のウィジェットエリア

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる